かたつむりの会 - 神石高原有機農業塾

有機農業生産グループでは、廃校になった小学校を再利用して「神石高原有機農業塾」を運営しています。きれいな水や空気、豊かな自然に恵まれた土地を未来に残すために、有機農業を通じて、人と物の行き交う場として活性化したいと願っています。

神石高原有機農業塾のご案内

かたつむりの会 神石高原有機農業塾

子どもたちの元気な声が響き、地域の中心だった相渡小学校が人口の減少に伴い、廃校になって十数年。高齢化が進み、耕作放棄地が目立つようになり、やがては集落の崩壊へ。そのような地域が全国に多数ありますが、ここ神石高原町相渡地区も例外ではありません。
私たち有機農業生産グループと地域の人々は、水も空気も汚れていない、豊かな自然に恵まれたこの地を、人と物の行き交う場として、活性化させたいと願っています。私たちには、40年間有機農業を実践しながら、全国から研修生を受入れ、育て、送り出してきた実績があります。その実績をもとに、旧相渡小学校を、農業を志す若者たちの研修の場として「神石高原有機農業塾」を設立しました。
地域環境を守り、持続可能な農業の実践、安全でほんものの食べ物を消費者に提供し、日本の食糧自給率の向上をめざすこと、そして、1年間の研修ののち、神石高原町へ定住して共に農業を守ってくれる若者を育てていくことを目的としています。

お申し込み・お問い合わせ

0847-86-0818 FAX 0847-86-0424 (伊勢村 文英まで)